興信所や探偵に相談する際のポイント

相談してみたい興信所や探偵事務所が見つかったとしても、初めて相談する時はどのように相談したらよいか迷ったり不安になったりしませんか?

(1)相談は電話でもメールでもOK

最初の相談の方法は電話かメールになると思います。

これはご自身にとってどちらが都合が良いかで決めれば良いと思います。

※注意点

一般的な感覚として、電話対応がいい加減で丁寧ではないところや、仕事などの都合でメール返信が欲しいのに電話をかけてくるような興信所や探偵事務所は避けた方が良いでしょう。

そのようなところは依頼に対して自社本位の進め方をすると考えて間違いないです。

ちなみに探偵紹介センターのようなところから案内された興信所・探偵事務所も避けた方が良いです。

そもそも紹介センターなどは探偵にとっては第三者に該当し、守秘義務のある探偵から情報を流すことなどできず、その探偵や興信所が優れているかなどの情報は全く持っていません。

WEBサイトからの情報やせいぜい地域的な合致条件でしか探偵を紹介することなどできないのです。

ちゃんとご自身のペースでご自身が選んだところに相談しなければトラブルの元となります。

(2)相談内容

㈰知りたいこと、欲しい情報は何なのか

興信所や探偵というところは「調べる」「情報を得る」というのが主な業務です。

もし「〇〇について知りたい、情報が欲しい」ということであればその点を明確に伝えましょう。

探偵側がどのような調査をすればよいか、そもそも調査が可能であるかどうかなどを提示するはずです。

※注意点

調査をしたい理由については正直に話しましょう。

探偵には禁止されている調査もありますので、虚偽の理由を話してしまうと場合によっては探偵逮捕・依頼者共犯というケースもあり得ます。

㈪どのような問題・トラブルがあるのか

ご自身が直面している問題やトラブルがどのようなものなのかお伝えください。

内容にもよりますが、探偵・興信所は問題やトラブルを解決するのも業務の一つです。

どんな調査をしてどのような情報や証拠を入手すればよいのかを提示するはずです。

(3)契約

契約は原則として面談形式で行うがあり、偽名や匿名での契約はできません。

まず、探偵業法により探偵側は重要事項の説明・契約書の交付義務がありますので、契約書なしの契約は違法となってしまいます。

さらに探偵の調査契約は後払い制であることも多いので契約書をしっかり作成しないと探偵側も困るからです。

身分証明書の提示を求められた場合は素直に出してください。

興信所・探偵には守秘義務がありますので、個人情報や相談内容の漏洩などの心配はありませんし、そもそもお互いに一定の信頼関係がなければ調査も上手くいきませんので、依頼するなら偽名でなどと考えないようにしましょう。

※注意点

調査結果を違法に用いないとの「誓約書」にサインすることを頼まれるかと思いますが、これを拒否すると調査を行ってもらえませんので、悪いことは考えないようにしてください。